白川町地域おこし協力隊《山をつぐ者》

岐阜県白川町で未経験から林業に挑戦します!

刈払い機・伐木チェンソー講習

9月3~5日の3日間、下呂森林組合で行われた林業・木材製造業労働災害防止協会の刈払機と伐木チェンソーの講習を受けに行ってきました。

 

 

どちらもたくさんの受講生がいたのですが、林業で木を切る仕事をしている方は意外と少なく、電力会社や消防士など業種は様々。

 

その中で女性は自分一人だけ(。•́︿•̀。)

やっぱり林業に限らずチェンソーなど扱う仕事は女性が圧倒的に少ないんですね・・・

 

 

 

 刈払機と伐木チェンソーの1日目は学科講習でした。

 

そこでは重大な怪我や死亡事故の話をたくさん聞き、本人だけじゃなく仲間を巻き込んでしまった話などゾッとしました。

 

刈払機もチェンソーも正しく扱い、安全な作業をしないと本当に危ないです!!

 

でも危ないからと言ってやめるんじゃなくて、正しく扱えば事故を防ぐことができます。 作業員を守るための法律・法令などもたくさんあり、どんどん作られているそうです。そのおかげで事故は減ってきているとのこと。

でもまだまだゼロじゃないので、みんなの安全への意識が高まってゼロになるといいですね!!

 

 

 

伐木チェンソーの2日目は実技講習でした。

 

チェンソーを扱うのはほぼ初めてです。 

前日の講習で怖い話を聞いたのでドキドキと、やっとチェンソーを扱えるワクワクとが半分半分でした!

 

まず午前中は倒れている丸太で輪切りの練習。

上からと下からと上→下→上など練習し、接地面がどこかによって使い分けるのを学びました。

 

f:id:kakasan:20190910223513j:plain

 (ヘルメットも防護パンツもPFANNERで何人かに値段聞かれた笑)

 

 

午後からは丸太を立てて受け口・追い口を入れるの練習をしました。

受け口の角が合わなかったり、追い口を切りすぎちゃったり、斜めになったり難しすぎる!!安定した足場でやってこれです。

 

 f:id:kakasan:20190910223606j:plain

f:id:kakasan:20190910223638j:plain

 

ガッタガタ!!

 

実際山行って足場の悪いところで、狙ったとこに合わせて切るのはかなり難しそう…

 

そして何度もやるうちに最初はやっていた指差し呼称をだんだんやらなくなってしまいました…丸太での練習だからといって安全確認を怠ってたら危ないですね。

反省。:゚(;´∩`;)゚:。

 

 

 

 3日間とても勉強になりました。

これから山で作業するようになったら、講習で学んだことを忘れず事故を起こさないように安全に安全に作業します!!