白川町地域おこし協力隊《山をつぐ者》

岐阜県白川町で未経験から林業に挑戦します!

「山の日のつどい」

今日は笹平高原にて『山の日のつどい』が開催され白川町と笠松町の子どもたちがたくさん集まりました。 
 


『山の日のつどい』とは

白川町と笠松町は飛騨川と木曽川で結ばれていて、平成5年に「災害が起こったときはお互いに助け合いましょう」という約束を結びました。
山の日のつどいでは8月11日の『山の日』に合わせ、両町の絆をよりいっそう深める交流イベントです。

 

 

今日はと〜ってもいいお天気で、ものすごい暑さでしたが子どもたちは元気いっぱいでした!


f:id:kakasan:20190820163749j:plain


開会式後
ドローンで記念撮影をしたり、班に別れて名札作りやアイスブレイクなどをしてから森に移動し、いよいよヒノキの伐採ショーです。

 


f:id:kakasan:20190820214133j:plain

こんな感じで上から見学。

間近で木が倒れるのを見てみんな大興奮でした!

 


f:id:kakasan:20190820214447j:plain

f:id:kakasan:20190820214525j:plain


切った木はロープをかけて、班ごとで力を合わせて引っぱって坂を登ります。


f:id:kakasan:20190820215548j:plain

細い木を選んで軽々引っ張る班もいれば、太い木を選んで必死に引っ張りあげた班も!


私も一番太い木を一人で挑戦してみましたがビクともせず…

悔しい(╯°□°)╯もっと鍛えてきます!!笑

 

 

午後からはクラフト体験でホワイトボードを作成しつつ、丸太切り体験です。

男の子たちが何分で切れるか挑戦していました。
早い子は1分!私より早いかも!
ノコギリの使い方うまいなぁ(≧▽≦)

切ったのはお土産で持って帰ってもらいました。

 

 

この『山の日のつどい』は
白川町と笠松町の子供たちが交流を深めるだけじゃなく、
子供たちが木に触れて木の魅力を知り、
林業に関心を持ってもらえる素敵なイベントでした。

とーっても楽しかったです(*´ω`*)

ありがとうございました!